留学~オーストラリア~

オーストラリア留学センター

画像引用元:オーストラリア留学センター

オーストラリア留学は夏を避ける

オーストラリアへの留学は開放感があり、魅力的なスポットもたくさんあるので世界中の方々が選ぶといった特徴があります。
しかし日本からオーストラリアに留学をする際には、できるだけ夏を避けた方が良いでしょう。

オーストラリアのエリアにもよりますが、特に夏場は温度が高くなるクイーンズランド州などを選んでしまうと40度を超えることがあり、体調を崩してしまうことがあります。
暑さのあまり留年を断念するという結果になってしまわないように、予め現地の温度やエアコンが設置されているかということを確認しておきましょう。

日本の場合には基本的には各家庭に一台はエアコンが設置されているイメージですが、オーストラリアがこれだけ暑いにもかかわらず慣れてしまっているせいか、エアコンを設置していないという場所もあります。
季節そのものも日本とは逆になりますので、日本が夏の間はオーストラリアは冬です。

日本が冬であれば、オーストラリアは夏ですので、このようなタイミングを見計らいながらオーストラリアの夏を避けて留学をしましょう。
まだ温度が高くなるだけではなく、湿気そのものがほとんどありませんので直射日光に注意することも大切になります。

非常に強い直射日光によって日焼けをしてしまうだけではなく、紫外線によるアレルギーを発症してしまうことや、日焼けによって肌荒れが起きてしまうこともあるので特に女性は注意してください。

開放感が大きくストレスを感じにくい

オーストラリアは地域的な特徴として、とても開放感があるというのが一つの魅力となっています。
しかし、このような開放感というのは魅力でもあり時にデメリットになってしまうので注意が必要です。

なぜならば、あまりにも開放感すぎてしまうため、さまざまなアクテビィなどを楽しむうちに勉強するのが嫌になったり、留学先の学校に出向くのが面倒になってしまったりすることがあるからです。
もちろん留学をするためには、自分の勉強など。目的としますが、このような開放感に触れることによって、本来の目的を忘れてしまう人もいます。

ですから、アクテビィがどんなに楽しいと感じても、必ず目的を果たして帰国することができるように、自分の中で意識を高めておく必要があるでしょう。

オーストラリア留学では物価に注意

オーストラリアは近年物価がとても高くなっています。
日本の物価に比べてもさらに高いので、ペットボトルの飲み物は1本を購入するにも日本の倍から1.5倍といった価格で販売されています。

物価や留学費用を紹介しているサイトがあったので、お時間ある方はご覧ください
>>オーストラリア留学センター
スーパーなどで販売されている商品も日本では大きな違いがありますので、このような部分については事前に調べてから留学をしましょう。
一人で出向いた留学先で、自分が食べたいものが食べられないと言った苦難に耐えるのはとても辛いことです。

また、オーストラリアは観光スポットとしても知られているのですが、案外交通網などは充実していないため、移動する際に困ってしまうこともあります。
さらにはスーパーなどの各種お店なども早い時間に閉店してしまうことがあり、夕方以降の時間には不便さを感じることもあります。
このような部分をどうクリアするのかということについて、各々で対策をしてから留学に行きましょう。