• TOP
  • コラム
  • 留学3か月前でも間に合う英語勉強法

留学3か月前でも間に合う英語勉強法

留学まで3ヵ月、英語の勉強って間に合う?

留学まで期間があるということならいいのですが、留学まで3ヵ月程度しかないという場合、今から英語を学んでも無理?と考える方が多いです。
もちろん3ヵ月前となれば完全に英語を学ぶことはできませんし、英会話ができるようになるとは考えにくい事です。

でもすべき学習を絞る事で留学を意味あるものにすることはできます。
ホストファミリーの方々と仲良くなって同じく留学してきた友人、またその国の友人を作り、その中で英語力を伸ばしていく、こうした充実できる生活を送る事が出来るように、行う勉強を限定するのです。

留学しても英語が完璧になる事はない

留学することで英語を話せるようになると考えている人がいます。
しかし実際に留学しただけで英語を流暢に話すことができるようになるかというと、それは正しくありません。

元々若い年代で英語圏の国で暮らしてきた人、若い年代から留学経験を積んでいる人たちは英語を話せるようになるかもしれません。
それは幼い頃から英語の基礎が出来ているからです。

高校年代で初めて留学したという人がある程度の期間留学しても、英会話がペラペラというレベルに達することが保証されることはなく、どれだけその生活になじみ友人を作り、積極的にその文化の中で英語を使えるかが問題で、誰もが英会話を流暢に扱えるようになることはありません。

留学3ヵ月前に覚えておきたい自己紹介

ホストファミリーにあった時、留学した日本人学生などはほとんどが同じ自己紹介をするようです。
それは、英会話の本や英会話の学校などで習った例文がほとんどです。

例文に頼らず自分の文章で相手に自己紹介できるように心がけます。
例えば日本に暮らす家族について、また自分がどういう趣味を持っているか、どのような仕事に就きたいと思っているか、などを交えて自己紹介します。

英語ですぐに作れる人は少ないので日本語に書いて英訳してみて、その後、英語のネイティブな先生や友人、知り合いなどにあっているかどうかを確認してもらいます。
その文章をネイティブな方に録音してもらい繰り返し練習しておけば、挨拶の時によどむこともなくすっと放すことができるはずです。

瞬間的に英作文を作れる能力を養っておく

元々英会話ができないのに瞬間的に英作文なんて無理に決まっている、そう思うかもしれませんが、自由に話をすることを目的としてこの訓練を行っておくことは重要です。

短い文章でいいので、あなたのお父さんの誕生日はいつ?などを瞬時に英作文します。
「When is your father’s birthday?」こうした短文の英作文をとにかくいくつも瞬時に作ります。

少し慣れてきたら自然な英会話を話せるように、一つの例文から会話のパターンを導き出し作る練習もしてみましょう。
「I can’t stand it anymore.」もう我慢できないという英作文の「I can’t stand」はその後ろを変えることで様々な英作文が作れます。

日本文化を英語で説明で活きるように

留学すると海外の方々は日本文化を知りたがります。
友人もホストファミリーもそうですが、日本文化に興味を持っている人は多いのです。

海外の方は自分の国の文化、歴史についてかなり詳しく、学生でもかなり詳細に説明できますが、日本人は日本の歴史に深くない人が多く、細かく説明できない場合も多いです。
すると、自分の国のこともわからない少々頭の悪い人と取られることになります。

日本の歴史について英語で説明するための書籍などがかなり多く販売されているので、そうした本を利用し、自己紹介などに組み込んでもいいし、友人などから聞かれた時に対応できるようにしておくといいでしょう。