• TOP
  • コラム
  • 留学先で絶対喜ばれる日本のお土産まとめ

留学先で絶対喜ばれる日本のお土産まとめ

ホームステイ先に持っていきたいお土産

留学してお世話になるホームステイ先とは円滑な関係でいなければなりません。
ホームステイ先での関係によって、留学生活が楽しくなるか楽しくなくなるか多いに関係してくるからです。

これからしばらくの間、ご家族の中でお世話になるのですから日本からしっかりとお土産をもっていきたいものです。
ただ、異国との文化の違いがありますのでタブーとなるものもあるのかも?と持っていくお土産に悩む人も少なくありません。

留学する際にいくらくらいのお土産をもっていくべきなのか、どんなものをもっていくといいのか?理解しておきましょう。

お土産はあくまでも気持ち

お土産はあくまでも留学先でお世話になる方への、これからしばらく宜しくという気持ちを込めて贈るものです。

その為あまり高額な物は好まれませんし、100円ショップや日本のお菓子を配る方が喜ばれるようです。
お菓子や100円ショップのグッズなら家族分、また友人になった人の分まで用意できるのでこうしたものが便利です。

通常、2週間ホームステイする場合でだいたい1000円位のお土産費用が一般的といわれています。
お土産は必ず持っていくべきものなので、自分に無理のない範囲で選ぶといいでしょう。

お土産から会話ができるというメリットもある

100円ショップで買っていったグッズの使い方を説明したり、お菓子の味について話を知ったり、お土産ひとつで会話が広がります。
便利グッズは海外でとても喜ばれるので、年齢に合わせていくつか用意していくと会話も弾みます。

日本人は恥ずかしがり屋な方が多いのでこうした会話のきっかけが作れることもお土産をもっていくメリットです。

喜ばれる日本土産とは?

ホームステイ先に持って行って喜ばれる日本土産、やはり人気があるのは日本のお菓子です。

世界的に有名な日本のお菓子がたくさんありますし、海外から日本に来られた観光客も沢山日本のお菓子を買って帰るくらいです。
個別包装されているお菓子は日持ちしますし、少しずつ分けてあげてもいいので便利です。

実はおせんべいなどの日本独自のお菓子も人気で、お菓子の次に人気といわれる日本茶とセットでおせんべいをもっていくという方も多いようです。

また日本の調味料もホストファミリーに喜ばれるようです。
醤油、お出し、味噌やみりんなどの日本古来より利用している調味料の味は海外にない味です。

みりんとお醤油で照り焼きを作ってふるまってもいいと思いますし、ヘルシーな和食は世界的にもブームとなっていますので喜ばれます。

インスタントラーメンや日本酒、それにお箸や風呂敷、手ぬぐいなど、日本を強く感じさせるお土産も海外の方が非常に喜ぶお土産として知られています。