留学~台湾~

近いけれど文化が全く違う国「台湾」

台湾は日本からの旅行客も多く日本人にとってはなじみの深い街です。
日本とは遠くない国ですが文化の違いがあり、留学すれば台湾ならではの文化、歴史を堪能できる場所も多く非常に深い毎日が過ごせると思います。

日本列島の南西にある台湾は北部が亜熱帯気候、南部は熱帯で非常に温暖な気候を持っています。
政治経済、文化の中心地は台北です。

中国語(北京語)が公用語ですが、台湾ならではの語録もあり、また地域によって様々な言葉が利用されており実に興味深い国です。

食べ物は日本人の口によく合うといわれているので留学しても安心ですし、台湾の方々は外食されることが多く、日本とは違い外食文化が古くから根付いているため外食費用もかなり安く済みます。

日本の統治下にあったという歴史を持っているので、人によりますが、親日家も多く東日本大震災の時にはすぐに募金活動が行われ多大な協力をしていただいたことも記憶に新しい事です。

日本は中華民国を国家として認めていないという背景があるので、民間団体として交流を行っており、日本と台湾はワーキングホリデー協定がむすばれているため留学する方も多くなっています。

台湾に留学するなら台北・台中

台湾の首都、台北は台湾の首都であり美しい中心都市として知られています。
亜熱帯気候なので1年を通じて温暖な気候であることも、留学する場所として人気がある要因となっています。

多くの高等教育機関があり、大学付属の語学学校などもありますので、語学留学先として最高の地域です。
またこの周辺には日本統治時代の建築物、また近代的な建造物がうまく融合し美しい都市を形成しています。

台中は台湾中西部にある都市で台湾の中では第三の都市、地方都市です。
台北と比較すると物価や安く留学生にとっては生活費など助かる面が大きいと思います。
台北、観光地として有名な高雄に行くにしても交通の便がよく、この地を留学先として選ぶ方も非常に多いです。

台北と比較すると高等教育機関は少なくなりますが、教育に力を入れている都市なので、大学付属語学学校などが多数あります。

台湾も怖い場所がある・・・近づかないことが大切

台湾は日本人と同じような顔立ちの方が多く、親しみを感じる国ですが、やはり海外、日本と比較すればやはり治安は落ちます。
国内と同様と思って過ごせば犯罪に巻き込まれることもあります。

貴重品を持って歩かない、現金の保管に気を付ける、置き引きなどの被害にあわないように心掛けるなど、しっかり自分を守る事を考えておくべきです。

夜市、薬膳料理などを楽しめる魅力もある

台湾では薬膳料理や漢方を学ぶことができる場所があります。
薬膳料理は日本国内でもかなり人気がありますし、漢方も奥が深いので留学している間に少しでも学んでみてはいかがでしょうか。

台湾料理は日本人の口によく合うので、台湾料理を学ぶのもいいと思います。
日本に近いようで本当はよく知らないという人が多い台湾も留学先として魅力一杯の国です。