留学~アイルランド~

美しい街並みが広がるアイルランドへの留学

18世紀に建造された首都ダブリン、その当時の街並みを今に残している美しい島、アイルランドは留学先として人気が高い国です。
もっともフレンドリーな国として選出されたこともあるこの国は高緯度にありながらもメキシコ湾流の影響を受けて1年を通じ穏やかな気候ということも人気の所以でしょう。

日本人は自分から話しかけることがなかなかできない恥ずかしがり屋の国民性を持っていますが、フレンドリーな国アイルランドの人々は留学生にもどんどん話しかけてくれますし非常に人懐こい方々ばかりです。

生活を見てみると古代からの文化を大切にしているところが随所にみられます。古代ケルトの遺跡も目にすることができますし、先人たちが創造してきた音楽等も現代に息づいている魅力ある国です。
留学されるならこうした古代から続く文化もしっかり感じてほしいです。

日本は治安のいい国といわれており、海外に行くと日本人は狙われるといわれていますが、アイルランドは海外の中でも治安が良く犯罪率も低いということで、留学先として安心できる国といわれているのです。

留学先として人気がある街は?

アイルランドの留学先として人気がある街としてはダブリン、コークなどが有名です。
アイルランドに暮らす人々の約1/3が暮らすといわれるダブリンはアイルランドの首都、美しい歴史的な建物も多く、年でありながらもクラシカルなイメージを持っています。

18世紀からこのダブリンに残っている街並みと、現代建築されたモダンな建物がしっかりと融合しています。
高等教育機関が集まる街であり、古くから歴史を刻んできた大学郡等もある為、留学先としては申し分ないでしょう。

アイルランド第二の年として知られているコークは、それほど大きくない面積の街なので留学生にとっても暮らしやすい街です。
またダブリンと比較して物価が安いということも経済的に助かります。

コークの街にも18世紀から続くといわれるイングリッシュ・マーケットがあり、この街の食文化を支えています。
グルメの街としても知られるこのコークも、留学生にとって最適な街といえます。

古くから教育熱心な街で、博士課程割合をみてもアイルランドの中で古い歴史を持ち、高等教育機関へ留学する人たちは毎年3000人を超えているといいます。

語学を学びながら古い歴史を知る事が出来る

アイルランドは治安がいいということ、また古くからの歴史が詰まった国ということで、海外の生活を知りたい、語学留学を経験したいという方にピッタリです。

アイルランド国内の様々な街を留学中、旅するというのも魅力的ですし、ボランティア活動等も盛んなようなので海外でのボランティア経験を得るということでも最高の国でしょう。