留学~フィジー~

南国、フィジーへの魅力的な留学

留学できるのなら日本とは全く違う気候と文化を持つ国へ留学したいと思っている方も多いと思います。
留学は語学中心という方が多いのですが、その国の魅力を理解するということも重要な要素です。

ニュージーランドの北、フィジーは小さい島ですが先住民のフィジー系、またイギリス植民地時代にこの国に暮らすようになったインド系の方々が暮らしています。
イギリスの植民地だったという歴史を持っていることから、クイーンズイングリッシュが根付いており、インド系の方々はヒンディー語も話します。

南国というイメージがたっぷりのフィジーは日本から留学されると、時間の流れがゆっくりで心からリラックスし語学など学ぶことができる最高の島です。
大きなメリットとして物価が安いという点が挙げられます。
アメリカと比較すると物価はなんと1/3という低さで経済的にも助かります。

雨季と乾季があるフィジーですが、雨季も1日雨が降るということが珍しく、南国の島ならではの暖かな日々を過ごせます。
みたこともないような美しい海、自然がたっぷりあるフィジーは心をいやす国としても人気が高いのです。

人々はとてもフレンドリー

フィジーの人々は南国らしくとても朗らかで温かく、フレンドリーな国民性を持っています。
留学生でも垣根なく話しかけてくれるので語学を学びたいという日本人には最高の場所となります。

美しい海や自然、また日本では見る事の出来ない寺院等を見ることもでき、今まで体験したことがない経験ができるということもフィジー留学の大きなメリットです。

語学学校が多いナンディがお勧め

日用品や洋服などを購入できる大型ショッピングモールがあるナンディは多くの留学生が暮らしています。
空港があるので留学先としてぴったりですし、日常に利用する商品を購入するのに困る事もありません。

物価が安く暮らしやすいことも魅力がありますし、こうしたショッピングモールでも親しく話しかけてくれる人が多いということなので、こうした場所も勉強の場となります。

フィジーもアイルランドと同じように世界でもっともフレンドリーな国と紹介されている国です。
英語習得に最適となりますが、すり、盗難被害なども報告されているので、高価な物は持ち歩かない等、犯罪に巻き込まれないようにすべきです。

日本人は日常の中でこうした犯罪に巻き込まれることが稀ですが、海外では何が起こるかわからないと考えておくべきです。

自分の事は自分で守るという気持ちをもって留学することは、フィジーならずとも他の国でも同じことですが、日本人は高価な物を持っている、お金をもっているというイメージがあるので、油断しないことが留学期間を楽しく過ごす要因となります。