留学~フランス~

バターロールパン

フランス語が堪能になることのメリットはとても大きい

英語力を身につけるために海外への留学をする日本人はとてもたくさんいるのですが、留学先にフランスを選ぶ方の場合には英語よりもフランス語が学びたいとと言う気持ちの方が強いでしょう。
フランス語というのは、英語に比べれば需要の低いものといったイメージですが、フランス語を母国語として話す方々が非常に多く、さらには使用されている地域もたくさんあります。

ルクセンブルグやベルギーをはじめとしたヨーロッパ以外にも、チュニジアやアフリカ、西インド諸島、ニューカレドニアなどでもフランス語を使うことが多いです。
もちろん英語もしっかりと覚えておけば世界各国でも共通するので困らずに会話をすることができますが、それに加えてフランス語を覚えておくというのはなんだかとても鼻が高く、格好良いと思いませんか?

最初からフランス語を学ぶためにフランスへの留学をするのではなく、英語力などを身につけた後、フランス留学をすることによって、さらに幅が広がり旅行をするにもお仕事で役立てるにも嬉しいことばかりとなっていきます。

食べ物が美味しいのでストレスが少ない

フランスというのは美食の国ですので、どんなものを食べても非常に美味しいと感じることがほとんどです。
日本も美食に関しては世界中から賞賛されていますが、フランスも同じように古い食文化を持っており、比較的リーズナブルに新鮮なお野菜やチーズなどを堪能することができます。

フランス料理といえばトマト、そしてオリーブなどが中心となってくるのですが、その他にも日本で食べればとても高級なフォアグラをはじめとして、各地の名物料理などを思う存分に食べることができます。
フランスのパリといえば非常に有名な観光地となっているため、主要都市には多くのレストランなども並んでおり、いつでも好きなものが食べられるというのも大きなメリットです。

また町並みの景観が非常に美しいので、美味しいものを食べた後は散策をすることでカロリーを消費し、健康管理をするにも非常に良い国と言えるでしょう。

フランス人の温情に触れて人間が成長する

フランスというのは前述の通り、美食文化であることや、フランス語そのものも難しいと感じてしまうことが多く美しい国で生活をしているフランス人はプライドが高く冷たいと思ってしまうものです。
しかし実際に生活をしてみるとわかりますが、フランス人というのは恩情に厚い特徴があるので、このような温情に触れることによって日本人には足りない部分を見つめなおし培うことができるでしょう。

日本だけで生活をしている場合に比べて、フランス人の温情に触れることにより幅広くグローバルな思いやりを持ち、多くの人々と接することができます。
日本人にも思いやりが必要だと言われていますがさらに、非常に多くの国からの観光客そして留学生などを迎えるフランス人の温情は、さらにスケールが違い見習いたいと思う事もたくさんあるでしょう。