ワーキングホリデー

社会人だって留学したいという願いをかなえてくれるワーキングホリデー

昔は学生しか基本的に留学出来ない状態でしたが、現在は社会人になってからも二国間協定によって1年間、若しくは国によって2年滞在可能で修学のほかに就労もできてしまうという画期的な留学方法です。

ワーキングホリデーを申請する時に18歳から30歳であることが条件で、30歳で申請が住んでいれば31歳でワーキングホリデーできます。
社会人以外、年齢の枠に入っていれば学生デモ利用可能で、留学システムの中でも比較的自由度の高い方法といえるでしょう。

二国間協定が必要なワーキングホリデー

ワーキングホリデーは留学する国との二国間協定がむすばれている必要があります。
二国間協定がむすばれている国としては、カナダ、イギリス、フランス、ノルウェー、ドイツ、ポルトガルなどの多数の国があります。

こうした国の中からどの国にワーキングホリデーするか、この国選びも重要です。
国によって全く文化が異なる事も多いので、何をしたいのか、何を学びたいのかをよく考慮し、留学先を決定することが求められるのです。

渡航先はどう決める?

渡航先を決定する場合、確認しなければならないこととして留学先のビザの条件、自分の目的をはっきりさせておくことです。
語学学校にしても通う期間が定められていたり、働く場合にも働く期間が決まっている場合もあるので、そこを理解して自分の目的に合った場所を選ぶ必要があるのです。

自分が目的とすることに対して、環境や条件がそろっている場所、それに見合ったビザの発給がある国に行くことで、納得のいくワーキングホリデーになると思います。

ビザについて理解しておくことが必要

ビザについてその種類を知っておくことも重要です。
ワーキングホリデービザは通常入国後1年間有効、期限内は就学、就労できます。
申請の際に18歳から30歳であることが必要です。

観光ビザの場合、就労できず国によって就学は可能な場合もあります。
学生ビザは就学の為のビザで、年齢制限も回数も制限がなく、滞在期間に関しては学校に通う期間です。

国によっては卒業してから、またプログラム終了後でも、就労可能期間として与えられることがあります。

ワーキングホリデーのメリット・デメリットも理解が必要

就労可能となるので、留学するよりも費用面で楽になるという点、他のビザと比較してビザの自由度が高いので様々な体験ができるという点、さらにビザの申請が簡単で1年間、国内では体験できないこと、旅行では体験できないことが体験できます。

ワーキングホリデーできた別の国の方も多いので、その国以外、様々な国の方と友人になれるというメリットもあります。

デメリットとしては日本での印象として遊学ととらえられることが多く、就活の際にその印象でとらえられると遊んでいたのか?と悪い印象になる事もあるようです。
ただワーキングホリデーについて理解が少しずつ広がってきたので、以前より遊学という印象も少なくなっています。

ワーキングホリデーで仕事を行う場合、日本のアルバイトと同じように考えているとかなり低いと感じます。
また日本からワーキングホリデーを利用して行っている人が多い国は、アルバイト先などが一緒になる事も多く、日本人同士で固まってしまうということもデメリットです。