スポーツ留学

スポーツ留学とはどういう留学なのか

留学も語学や文化交流など様々な留学がありますが、スポーツ留学とはどのような留学となるのでしょうか。
日本でもたくさんのアスリートたちがスポーツ留学を経験されています。

テニス選手として世界的にも有名になった方、卓球で有名な選手、陸上で著名となった選手など多くの世界的アスリートがスポーツ留学を経て力をつけ、世界で戦える選手となっていきました。

アメリカ、中国、またスポーツによって先進的なトレーニングを行うことができる国にスポーツ留学し、技術の向上、またメンタルを鍛え、それによって世界に精通する選手となっていったのです。

海外で生活すれば何でも一人で行わなければならず、世界共通語である英語を覚えなければ生活にもトレーニングにも支障があります。
そのため語学を学ぶという環境ももっているのがスポーツ留学といえます。

アスリートの育成を行うスポーツ留学

プロスポーツ選手になりたいという夢を持っている方、レベルをぐっと向上させたいと思っている方など、海外にスポーツ留学を希望される方は非常に多いです。
アスリートを目指すためのスポーツ留学の多くはジュニア向けで、年単位の留学となります。

中学や高校は海外、留学先の学校に通い、そこで英語を学びながらスポーツのトレーニングを受けます。
テニス、サッカーのほか、ゴルフ、野球、バスケットなどの沢山のスポーツ留学があり、アメリカ、カナダなど競技によって育国にも違いがあります。

通常、ジュニア年代で競技によって年代にもC被害がありますが、11歳、13歳などの年齢で海外留学を果たすお子さんが多いです。

スポーツ留学の中でも語学とその国を楽しむライトな留学もある

スポーツ留学と聞くとそのスポーツを行う選手たちの中でもエリートが経験できることと考える人も多いのですが、語学とスポーツ、またその国の文化を学ぶということが目的のライトなスポーツ留学もあります。

スポーツを行うことで自然と言葉を覚えていくこともありますし、スポーツを行う共通の時間があるので友達を作りやすいなどのメリットがあります。

こうしたライト感覚のスポーツ留学の場合、期間は1週間からという短いものが多く、様々なスポーツについて留学があります。

協議の本場で意識を高く保つ

スポーツを行っていく上で、ライバルの存在というのは非常に大きなことです。
周囲に同じスポーツで上を目指す人がいるかどうかで、協議に対する情熱等も違ってきます。

サッカーや野球などについても、海外に行ったことでレベルの高いトレーニングを経験し、海外の意識が高い生徒、指導者とトレーニングすることで自分のモチベーションを高く保つことができます。

サッカー練習場なども本場ではしっかりと室内、屋内が設けられ、ジュニア世代から様々なトレーニングができるように設備されています。
テニスコートについてもクレイ、ハードなどそれぞれ種類が違う設備がしっかり整えられています。

ジュニアアスリート育成を目的に総合的な観点から作られた海外の施設では、メンタルトレーニング等を医学的、また科学的根拠に基づき行われているため、スポーツ留学を行うことで格段に精神的にも肉体的にも強い選手が育成されています。

メリットはいろいろ・・・国内でできないことが多数ある

英語を使ってコミュニケーションを取らざるを得ない・・・という生活になりますし、自分から積極的にアプローチしないと集団スポーツの中で選手として見てもらえない厳しい面もあります。

英語力も向上しますし、謙虚さを持ちながら、何事に対しても積極的に取り組むことが必要となり精神的にもかなり強くなり、世界で戦うことのできるメンタルを作れます。