海外インターンシップ

インターンシップが一般的となってきた中で

就活を行う上で国内でもインターンシップを行う器用が多くなっています。
外資系や海外で働きたいという希望をお持ちの方は、インターンシップについても興味を持っていると思います。

通常大学生が夏休み、春休みなどの長いお休みを通じて海外でのインターンシップを経験されるようですが、一般的にはいつでも経験できます。
しかし海外に行くということなら何もインターンシップじゃなくて、通常の留学でいいのでは?とも感じます。

それなのになぜ、日本の大学生などが海外のインターンシップを利用したがるのでしょうか。

留学ではなくインターシップを選択するわけ

留学はもう身近なものとなっていて周囲にも経験されている方が大勢います。
短期から長期まで様々な留学がありますが、海外インターンシップは留学経験者よりも経験者数が圧倒的に少なく、就業経験を行うということも含めて就活の際に注目されるということで魅力があると考える人が多くなっているようです。

インターンシップの経験を海外で積むということは、グローバルな視点でインターンシップを経験しているとイメージされることもあり、就活の中で内定率が高くなるといわれています。

国内のインターンシップと違いがあるのか?

国内でも多くの大学生が就活の中でインターンシップを経験されています。
海外にいかなくても国内でインターンシップが経験できるじゃないかという方もいますが、海外のインターンシップは仕事に大きな違いがあります。

国内のインターンシップでも最近はかなり実戦に近い業務を経験させてくれる企業もありますが、ほとんどが業務見学、体験という形です。
しかし海外のインターンシップの場合、実際に業務へ着く企業の方が圧倒的に多いのです。

海外のインターンシップは数週間単位で行われることが多くより業務を詳細に理解できますが、国内の場合、1日という所も多く、企業の雰囲気を理解するにとどまってしまうことが多いのです。

海外インターンシップで身に付けることができるスキルとは

海外インターンシップで身に付けることができるスキルとしては、まず語学力です。
ビジネスを経験するということでほとんどの方がインターンシップの前にTOEICのスコアアップをしてからインターンシップに挑んでいます。

海外インターンシップ経験者の50%弱が、TOEICのスコアが730点以上という報告もされているくらいなので、やはり英語力を向上させるということは必須と考えられます。

また海外の企業で実践的なビジネスを経験することで、コミュニケーションをとる重要性や積極性を持つことが必要ということを深く理解し、グローバルな視点でビジネスに挑む姿勢が身に付くともいわれています。